亀田製菓のお米研究所 研究内容
  • ゆめごはん(低たんぱく米飯)
  • 介護食おかゆ
  • 小児用おかゆ
  • 米タンパク質
  • お米のK-1乳酸菌(植物性乳酸菌k-1)
  • お米のK-21乳酸菌(植物性乳酸菌k-2)
  • ペット
  • 米菓
  • 企業様向乳酸菌素材販売に関するお問い合わせはこちら

研究開発トップ>米菓

米菓
米菓独特の幅広いテクスチャーに注目した研究 米菓について 米菓について

    日本の食文化に最も深いかかわりを持つお米。
古来から日本人はお米を利用して、お酒、みそ、しょうゆ等の色々な食品を作り出してきました。

    その中でも米菓は日本独特の嗜好品として発展し、おせんべい、あられ、おかきとして広く日本人に愛されてきました。特に戦後様々な種類の米菓が開発され、幅広い年代層に受け入れられてきました。

そのためか、米菓はお菓子の中でも幅広いテクスチャー(食感)を持っているのが特徴です。
お子様向けのソフトな食感のものから草加せんべいのような非常に硬いものまで販売されています。

    そこで、お米研究所では米菓独特の幅広いテクスチャーと製造技術に注目し、研究をおこなってきました。

 
研究のきっかけ

    お客様から、「硬い米菓が食べられなくなった」、「買う時、硬いかどうかわからない」と言うようなお声をいただくことが多くなりました。しかし、米菓の硬さに関する研究は全くと言っていいほどありませんでした。そこで、お客様に硬さの目安をお知らせすることができるように研究を開始いたしました。

 

研究内容

    市販の米菓を無作為に110品購入し、米菓全カテゴリーをまんべんなく試験できるように88品を選択して試験に用いました。

    この米菓88品の①米菓密度(米菓内部の固体量)、②最大荷重(割れるときの硬さ)、③官能評価(人が感じる硬さ)を測定しました。すると、図1に示すように、硬そうな米菓ほど空気の量が少なく、①米菓密度(米菓内部の固体量)の値が大きくなることがわかりました。食べると硬く感じる草加せんべいタイプの「鬼太鼓たまり味」の断面写真は、空気が少なく壁厚も厚いことがわかります。

①米菓密度(米菓内部の空気量)、②最大荷重(ワレるときの硬さ)、③官能評価(人が感じる硬さ)結果 
さらに測定を進めると、②最大荷重(割れるときの硬さ)が硬そうなものほど値が大きくなる傾向があり、③官能評価(人が感じる硬さ)も数値化できることがわかりました。
以上の3項目を合わせてグラフにすると図2のようになりました。

 

①米菓密度(米菓内部の空気量)、②最大荷重(ワレるときの硬さ)、③官能評価(人が感じる硬さ)結果
この結果から、米菓の硬さを5グループに分類できそうなことがわかりました。
もっともやわらかいのグループ1は、ベビー用の「ハイハイン」が含まれます。
もっとも硬いのグループ5には、草加せんべいタイプの「鬼太鼓たまり味」が含まれていま
す。

 

研究者の声

    米菓の人に対する効果効能研究は、まだ広くおこなわれていないのが現状です。米菓の消化性、またはテクスチャーを活かした咀嚼機能の向上、親子のコミュニケーションフードとしての役割など、米菓にはまだ見つけられていない良い点がいっぱいありそうです。今後も米菓の良さを見つける研究を進めていきたいと思います。

 
 

関連サイト

  • 亀田製菓株式会社
 

COPYRIGHT@KAMEDA SEIKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED